放置自動車の所有者照会

序論

私有地に自動車が放置された場合、土地の所有者(占有者)は自動車の所有者に対し権原に基づいて撤去を求める。

放置されている場所が私有地の場合警察なにもしてくれません。

放置自動車の中に所有者の身元が分かる資料(車検証など)があれば容易に所有者を特定できますが、そうでない場合はナンバープレートや保管場所標章から所有者と突き止めます。

注意
自動車の所有者照会は司法書士業務ではありません。

照会方法

照会先

軽自動車⇒軽自動車協会

普通自動車⇒運輸(支)局

住所などの管轄はないと思われます。

添付資料

  • 放置自動車の写真
  • 放置自動車の位置図(地図)
  • 放置されている土地の登記簿謄本と公図
  • 土地の権原を証する書類
    (所有権⇒土地の登記簿謄本、貸借⇒土地の登記簿謄本+契約書)

窓口にいく

照会先に申請書がありますので、記入後、添付資料と手数料と一緒に提出します。

照会には1週間くらいかかります。

張り紙

放置自動車には張り紙をして撤去を促しておきます。

念のため張り紙をした状態の写真を撮影します。