抵当権の債務者変更

債務者の住所移転

登記の目的 何番抵当権変更
原因 年月日住所移転
変更後の事項 債務者の住所 〇〇
権利者 抵当権者
義務者 所有者
MEMO
  • 登記原因証明情報は住民票の写し(公的機関発行の書類)
  • 登記義務者の印鑑証明書不要

共同相続(債務の遺産分割無)

登記原因の事実又は法律行為

  1. 年月日、本件抵当権の被担保債権の(連帯)債務者Aが死亡した。
  2. Aの相続人は甲及び乙である。
  3. よって、年月日、本件抵当権の(連帯)債務者はAから甲及び乙に変更された。

申請書

登記の目的 何番抵当権変更
原因 年月日 (連帯債務者Aの)相続
変更後の事項 (連帯)債務者 甲 乙
権利者 抵当権者
義務者 所有者
MEMO
  • 登記原因証明情報は戸籍(公的機関発行の書類)又は報告書形式の登記原因証明情報
  • 登記義務者の印鑑証明書不要

単独相続(債務の遺産分割有)

登記原因の事実又は法律行為

  1. 年月日、本件抵当権の被担保債権の(連帯)債務者Aが死亡した。
  2. Aの相続人は甲及び乙である。
  3. 相続人間で遺産分割協議をした結果、本件抵当権の債務を甲が承継した。
  4. 年月日、【抵当権者】は3に同意した。
  5. よって、年月日、本件抵当権の(連帯)債務者はAから甲に変更された。

申請書

登記の目的 何番抵当権変更
原因 年月日 (連帯債務者Aの)相続
変更後の事項 (連帯)債務者 甲
権利者 抵当権者
義務者 所有者
MEMO
  • 登記原因証明情報は報告書形式の登記原因証明情報(戸籍だけでは債務の遺産分割の証明不可)
  • 登記義務者の印鑑証明書不要

共同相続後の債務引受

登記原因の事実又は法律行為

  1. 年月日、本件抵当権の被担保債権の(連帯)債務者Aが死亡し、相続を原因とする抵当権変更登記(乙区〇番付記第△号)がされた。
  2. 年月日、【抵当権者】、甲及び乙は、乙の相続した本件債務を甲が免責的に引き受ける旨の合意をした。
  3. よって、年月日、本件抵当権の(連帯)債務者は甲に変更された。

申請書

登記の目的 何番抵当権変更
原因 年月日 乙の債務引受
変更後の事項 (連帯)債務者 甲
権利者 抵当権者
義務者 所有者
MEMO
  • 登記原因証明情報は報告書形式の登記原因証明情報
  • 登記義務者の印鑑証明書不要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です