司法書士業務と仕訳

注意
  • 個人事業主の仕訳。
    かつ
  • 消費税非課税業者の仕訳。

司法書士業務と売上

源泉徴収がない場合

4月30日、司法書士報酬55,000円(内消費税5,000円)を現金でAから受け取った。

日付 借方 貸方 摘要
04/30 現金 55,000円 売上 55,000円 A
MEMO
消費税非課税業者の場合、消費税も売上として仕訳する。

源泉徴収がある場合

4月30日、B株式会社から50,916円が預金口座に振込まれた。

なお、この請求に係る請求書内訳は、司法書士報酬50,000円、消費税5,000円、源泉徴収額4,084円である。

日付 借方 貸方 摘要
04/30 普通預金 50,916円 売上 50,916円 B株式会社
04/30 事業主貸   4,084円 売上   4,084円 源泉所得税

司法書士業務と登録免許税

登録免許税の電子納付

事業資金使用

4月30日、登記申請し、登録免許税10,000円をAのために立て替えた。

登記免許税は事業用預金口座で電子納付した。

日付 借方 貸方 摘要
04/30 立替金 10,000円 普通預金 10,000円 登録免許税(A)

ポケットマネー使用

4月30日、登記申請し、登録免許税10,000円をAのために立て替えた。

登記免許税は個人預金口座で電子納付した。

日付 借方 貸方 摘要
04/30 立替金 10,000円 事業主借 10,000円 登録免許税(A)

登録免許税の印紙納付

事業資金使用

4月30日、登記申請し、登録免許税10,000円をAのために立て替えた。

登記免許税の印紙は事業資金の現金から支出した。

日付 借方 貸方 摘要
04/30 立替金 10,000円 現金 10,000円 登録免許税(A)
MEMO
仕訳と別に出金伝票を記入する必要がある。会計ソフト利用の場合、仕訳をすれば自動的に出金伝票に反映されるので、出金伝票の記入は不要。
やよいの青色申告オンライン

推奨会計ソフト

ポケットマネー使用

4月30日、登記申請し、登録免許税10,000円をAのために立て替えた。

登記免許税の印紙はポケットマネーから支出した。

日付 借方 貸方 摘要
04/30 立替金 10,000円 事業主借 10,000円 登録免許税(A)

登録免許税の回収

4月30日、登録免許税の立替金10,000円をAから現金で受け取った。

日付 借方 貸方 摘要
04/30 現金 10,000円 立替金 10,000円 登録免許税(A)

司法書士業務と登記情報提供サービス

事業用資金の場合

取得時

4月30日、登記情報提供サービスで登記情報1通(334円)を取得した。

なお、Aの案件に関するもので、A負担分を立て替えた。

日付 借方 貸方 摘要
04/30 立替金 334円 未払金 334円 登記情報(A)

支払い時

6月10日、A案件の登記情報1通(334円)立替分がクレジットカード支払いにより、事業用口座から引き落とされた。

日付 借方 貸方 摘要
06/10 未払金 334円 普通預金 334円 登記情報(A)

精算時

7月30日、A案件の登記情報1通(334円)立替分をAから現金で回収した。

日付 借方 貸方 摘要
07/30 現金 334円 立替金 334円 登記情報(A)

ポケットマネーの場合

取得時

4月30日、登記情報提供サービスで登記情報1通(334円)を取得した。

なお、Aの案件に関するもので、A負担分を立て替えた。

日付 借方 貸方 摘要
04/30 立替金 334円 事業主借 334円 登記情報(A)

支払い時

6月10日、A案件の登記情報1通(334円)立替分がクレジットカード支払いにより、個人口座から引き落とされた。

仕訳無し。

精算時

7月30日、A案件の登記情報1通(334円)立替分をAから現金で回収した。

日付 借方 貸方 摘要
07/30 現金 334円 立替金 334円 登記情報(A)

司法書士業務と預金利息

事業用口座

4月30日、事業用の預金口座に預金利息6円が振り込まれた。

日付 借方 貸方 摘要
04/30 普通預金 6円 事業主借 6円 預金利息
MEMO
預金利息の場合、所得税は源泉徴収されているので、売上に計上しない。

個人口座

4月30日、個人の預金口座に預金利息6円が振り込まれた。

仕訳無し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です