民事信託

信託とは

財産の管理・処分などを信用できる他人に託すこと

信託の目的:受益者に恩恵をもたらすこと

委託者

託す人

受託者

託された人

MEMO
  • 未成年者・成年被後見人・被保佐人は受託者になれない
  • 受託者は受益者でない限り、信託の利益を享受できない

受益者

受益権を有する人

受益権:受託者が生み出した利益を享受する権利

受益者代理人

受益者の代わりに受益権行使をする人

信託の方式

  • 契約
  • 遺言
  • 公正証書等
MEMO
信託法上の遺言信託と、金融機関が行う遺言信託(遺言の作成・保管・執行をするサービス)は別物

商事信託との比較

民事信託

受託者が信託会社でない信託

MEMO
家族信託とは、受託者が家族である信託

商事信託

受託者が信託会社である信託

信託業

信託の引受を行う営業

つまり、受託者の業務を営業活動(商売)としてすること

管理型信託業

信託業より狭い範囲で、信託の引受を行う営業

つまり、(信託業より狭い範囲の)受託者の業務を営業活動(商売)としてすること

信託会社

信託業又は管理型信託業を行う会社

信託業をするには(信託業法第3条の内閣総理大臣の)免許が、管理型信託業をするには(同法第7条第1項の内閣総理大臣の)登録が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です