憲法9条の解釈(憲法3)

9条1項

「国際紛争を解決する手段としては」という条件が付いているが、この条件をいかに解釈するか

限定放棄説

9条1項で禁止しているのは侵略戦争である(自衛戦争は放棄していない)

この説は、

「国際紛争を解決する手段としては」

「侵略する目的では」

と読み替えると理解しやすい

批判:侵略戦争と自衛戦争の区別がつかない

全面放棄説

9条1項ですべての戦争を禁止している

理由:戦争は自衛戦争の名目で始まるものだから、自衛戦争も放棄しないと条文の意味がない

9条2項

限定放棄説を前提に、9条2項で自衛戦争を放棄しているか

自衛戦争を放棄する説

「前項の目的を達するため」

=「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求するため」

と解するので、自衛戦争も放棄している

理由:9条2項で交戦権を認めていないので、自衛戦争もできない

自衛戦争を放棄しない説

「前項の目的を達するため」

=「侵略戦争をするための」

批判:

  • 侵略戦争と自衛戦争の区別がつかない
  • 自衛戦争が可能であるのに、憲法に戦争や軍隊の規定がないのは不可解である
  • 交戦権を認めないことと、自衛戦争が可能であることは両立しない

自衛権

自衛のための必要最小限度の実力

注意
自衛権≠自衛戦争

9条2項の戦力の意味

潜在的に戦争に役立つもの

批判:原子力発電所や航空機も戦力に該当することになり、戦力の範囲が広すぎる

警察力を超えるもの

※通説

警察力:国内の治安の維持・確保にふさわしい程度の実力

この説を貫くと、現在の自衛隊は「戦力」にあたる

自衛のための必要最小限度を超えるもの

※政府見解

自衛権を行使するためには「自衛のための必要最小限度の実力」が必要

そして、「自衛のための必要最小限度の実力」を超えるものが戦力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です